[画像のクリックで拡大表示]

 株式会社LegalForce(本社:東京都千代田区、代表取締役:角田 望、 以下LegalForce)とGMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:青山 満 以下、GMOクラウド)は2020年8月24日(月)より、AIによる契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」(LegalForce提供)と、契約の締結から管理までをクラウド上で実現する電子契約サービス「GMO電子印鑑Agree」(GMOクラウド提供)のサービス連携を開始いたします。

 これにより、「LegalForce」と「GMO電子印鑑Agree」を利用する企業の法務担当者は、契約書の作成・レビューから、契約の締結・管理までをクラウド上でシームレスに行うことが可能となります。(※1)

 「LegalForce」は、AIによる契約書の自動レビュー機能を搭載した、クラウド型契約書レビュー支援ソフトウェアです。一方、「GMO電子印鑑Agree」は、契約の締結から管理までをワンストップで行える、クラウド型の電子契約サービスです。

 企業の法務担当者における業務課題の解決を支援する両サービスのユーザーからは、「『LegalForce』でレビューを行った契約書をそのまま電子契約で締結したい」、「電子契約を行う前に生じる、契約書の作成や契約リスクを検出するための契約内容の確認業務(レビュー)も効率化できないか」といった、より一層の業務効率化を望む声が寄せられていました。

 これを受けLegalForceとGMOクラウドは、企業の法務担当者のさらなる業務効率化を支援するべく、ビジネスにおける契約書作成から契約の締結・管理までの業務を一気通貫して行えるよう、「LegalForce」と「GMO電子印鑑Agree」を連携することといたしました。

 この度のサービス連携により、企業の法務担当者は、「LegalForce」上で契約書の作成から契約内容のレビュー、PDF形式の帳票への変換、署名依頼までを行い、そのまま「GMO電子印鑑Agree」上で署名(電子サイン・電子署名)、保管・管理まで、一連の契約業務をクラウド上でシームレスに行うことが可能となります。(※1)

 (※1)ご利用いただくには、「LegalForce」の『エンタープライズプラン』ならびに、「GMO電子印鑑Agree」の『契約印プラン』または『実印&契約印プラン』へのお申し込みが必要です。

 ■お問合せ、お申し込みについて

 ・「LegalForce」お問い合わせメールアドレス

 support@legalforce.co.jp

 ・「GMO電子印鑑Agree 」お問い合わせフォーム

 https://gmo-agree.com/form/

 【株式会社LegalForceとは】

 株式会社LegalForceは、2017年に大手法律事務所出身の弁護士2名によって創業されて以来、京都大学との共同研究も行う独自のAI技術と弁護士の法務知見を組み合わせ、企業法務の課題を解決するソフトウェアの開発・提供を行っています。2019年4月に正式版サービスを提供開始したクラウド型契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」は、契約書のレビュー業務の品質を高めながら効率化することを可能とし、現在400を超える企業・法律事務所で利用されています。(2020年8月時点)

 【GMOクラウド株式会社とは】

 1996年のサービス開始以来、ホスティング事業者として13万を超える法人のお客様のサーバー運用実績と国内およそ6,700社の販売代理店を有しています。2011年2月にクラウドソリューション「GMOクラウド」を立ち上げクラウドサービス事業に本格的に参入して以降、クラウド事業に主軸を置いて国内のみならず世界へ向けてサービスを展開し、グローバル企業を含む多くの企業に最適なITインフラを提供しております。また、2007年より「GlobalSign」の電子認証サービスを、連結会社のGMOグローバルサイン株式会社を中心にベルギー、英国、米国、中国、シンガポール、フィリピン、インド、ロシア、ドバイの拠点よりグローバルに展開しております。