[画像のクリックで拡大表示]

 1996年に設立されたAppenは、画像、ビデオ、オーディオ、テキストなどのデータ収集や各種データへのアノテーションを提供することで、AIシステムの構築や継続的な改善をサポートしているテクノロジー企業です。

 今回はAI用ビデオデータアノテーションについてご紹介いたします。

■ビデオデータアノテーション

 ヒューマンアノテーションデータ(人の手を介したアノテーション)は、機械学習を成功させる上で最も重要です。 

 人間は主観性の見極め、意図の理解、曖昧さへの対処においてコンピュータよりも優れています。たとえば、検索エンジンの結果が関連しているかどうかを判断する場合、コンセンサスを得るためには多くの人のインプットが必要です。 

 コンピュータビジョンまたはパターン認識ソリューションをトレーニングする場合、画像内の樹木や交通標識を含むすべてのピクセルの輪郭を描写することで、人の手で特定のデータを識別してアノテーションをする必要があります。この構造化されたデータを使用して、機械学習モデルはテスト環境および本番環境でこれらの関係を認識することで学習ができます。

事例:オンライン地図ベンダーであるドイツのHERE社が地図データの調整速度を大幅に向上

 数センチレベルまで正確な3Dマップを作成するという目標達成のために、ドイツのHERE社では80年代半ばから業界のイノベーターとして、何百もの企業や組織に詳細で正確で実用的な位置情報とインサイトを提供してきました。

 HERE社は、サイン検出モデルを強化するグラウンドトゥルースデータのために、数万キロの走行道路にアノテーションを付けるという非常にハイレベルなゴールを設定していました。しかしながら、その目的達成のためにコマ送り画像ごとに全ての動画を解析することは当然ながら現実的ではありませんでした。

 Appenは機械学習支援型ビデオオブジェクトトラッキングソリューションを提供することで、この高度な目標達成を支援し、その結果、HERE社は人間の知能と機械学習を組み合わせてビデオアノテーションの速度を大幅に向上させることができました。

■Appenが貴社に提供できること

 Appenは、20年以上ものデータアノテーションの経験と実績があります。

 人間の支援によるアプローチと機械学習の支援を組み合わせることで、必要としている高品質のトレーニングデータを提供します。Appenのテキストアノテーション、画像アノテーション、音声アノテーション、そしてビデオアノテーションはお客様の規模に合わせ、自信を持って人工知能や機械学習モデルを提供できるように支援いたします。

 どのようなデータアノテーションのニーズであれ、Appenのプラットフォームとマネージドサービスチームは、AIプロジェクトと機械学習プロジェクトのデプロイとメンテナンスのいずれもご支援致します。