[画像のクリックで拡大表示]

ストラタシスは、デザイナーやチームによる迅速なフルカラー・デザイン・リアリズムをあらゆる場所で可能にする新製品Stratasys J55™ 3Dプリンタ(オープン価格)発表しました。約50万色再現可能、PANTONE®カラーにも対応しており、リアルなテクスチャーと透明度を1個の造形物で実現する高い忠実度と5種類の同時プリント材料などを提供し、リアリズムと優れた生産性を実現します。セットアップが容易で、リモート・モニタリングが可能なことから、自宅からもプリンティング作業を管理できます。

回転するたびにイノベーションを実現

Stratasys J55は固定プリント・ヘッドを備えた特許取得済み回転造形プラットフォームを採用しており、実際の作業面で極めてユニークです。これにより、信頼性の最大化とメンテナンスの簡素化を実現します。また、この技術は小フットプリントでの大型造形を可能にすると同時に、音を家庭用冷蔵庫と同レベルに抑えており、音の問題をほぼ解消します。J55は空気清浄機ProAero™との組み合わせにより臭気のないオペレーションを実現し、どんな場所にも配置可能です。

エンタープライズ品質のデザイン・リアリズム

J55 3DプリンタはデザイナーにフルCMF(Color=カラー、Material=材料、Finish=仕上げ)機能を提供します。フルレンジのテクスチャー、VeroClear(VeroUltraClearは2020年後半に提供)の透明度、X-Riteベースのカラー・プロファイル、PANTONE®対応カラーなどの高性能PolyJet材料を活用しており、デザイン・プロセスの各ステージにわたって信頼性が高く、現実的な意思決定を確実に可能にする世界共通のカラーを提供します。

J55 3Dプリンタは1,174cm2の最大造形サイズを特長としており、床占有面積はわずか0.43m2です。5種類の材料(さらにサポート材)に対応できることから、オペレーターは最も頻繁に使用する樹脂データをロードでき、材料交換に伴うダウンタイムの回避も可能になります。