[画像のクリックで拡大表示]

Coltテクノロジーサービス株式会社は、Coltのネットワークからマイクロソフトのネットワークへ直接接続を可能にするColt IP Access Cloud Prioritisationの提供を日本、香港、シンガポールで開始しました。これにより、お客様は低遅延かつ高いパフォーマンスでTeamsやMicrosoft365などのMicrosoft SaaSサービスを利用することができます。

Colt IP Access Cloud Prioritisationは、エンドツーエンドでのルーティングの最適化とIPアクセスのトラフィック優先制御によりパフォーマンスを強化します。Colt IP Accessを介し、お客様のTeams、Microsoft 365への通信を安定させ、最高のカスタマーエクスペリエンスを提供します。

このたびの機能追加は、ColtがAzure Networking マネージド サービス プロバイダー (MSP) プログラムに参加したという昨年の発表に続くものです。マイクロソフトとのコラボレーション強化により、アプリケーションを快適に使用するために必要なネットワークの特定や、Azure、Teams、Microsoft 365への安定した接続などクラウド移行のあらゆる過程で企業を支援していきます。

通常はインターネット経由でのMicrosoft SaaSサービスの利用も、Azure Peering ServicesとColt IP Access Cloud Prioritization Serviceを組み合わせることで、Colt以外のネットワークを経由することなくMicrosoftネットワークへ到達できるため、安定した通信に加え高いレベルのセキュリティを提供します。

Coltは2014年より、リアルタイムでAzureへの安全で信頼性の高い接続を提供するAzure ExpressRoute パートナーであり、マイクロソフトのゴールドパートナーです。 Colt Cloud Prioritisationによって、Microsoft SaaSアプリケーションを利用するお客様へ高い付加価値を提供していきます。

Coltのアジア代表および代表取締役社長の星野真人は次のようにコメントしています。 「多くの企業が業務インフラの一部、または全てをオンプレミスからクラウドへ移行しています。このようなクラウドベースのデジタル・トランスフォーメーションの過程でクラウドのメリットを最大限に活用するには、安全で安定した接続を確立することがビジネスにとって不可欠です。そのため、私たちはクラウド接続の改善に注力してきました。ますます多くの企業がリモートワークを導入するなか、コミュニケーションとコラボレーションの主要な方法として、Microsoft365やTeamsなどのツールの需要が高まっています。これらのツールがビジネスにもたらす影響は大きく、当社ではマイクロソフトとのコラボレーションを引き続き強化し、お客様により有意義なサービスを提供できるように努めていきます。」

マイクロソフトのMicrosoft Azure担当ジェネラルマネージャーであるJeff Cohen氏は、次のように述べています。

「ColtはMicrosoft Azure ExpressRouteパートナーとして、Microsoft Azure向けに高品質なオンデマンド専用接続を提供しています。ヨーロッパのAzure Peering Servicesの立ち上げパートナーであるColtと協力し、彼らのサービスがアジアに拡大することを嬉しく思います。」

詳細についてはColtのウェブサイトをご覧ください。 https://www.colt.net/ja/product/microsoft365-ip-access-cloud-prioritisation/