[画像のクリックで拡大表示]

ニューノーマル時代の在宅勤務者の増加にともない、インターネット接続の急激なトラフィック増加はIT担当者にとって急務と言えます。一方で、「不確実性」の高まる社会において通常のオフィス勤務に戻る際のIT環境見直しも見据えた計画を立てることも同じくらい重要です。

こうした状況にいち早く対応すべく、Coltテクノロジーサービス株式会社は高速で高品質な通信を必要とする企業、法人のお客様向けのインターネット接続サービスにおいて、オンデマンドサービス”IP Access On Demand”の提供を開始しました。

Colt IP Access On Demand を利用することで、お客様はポータル経由でほぼリアルタイムに帯域を増減し、インターネット接続を完全にコントロールすることができるようになります。さらに、イーサネットやクラウド接続と同じポートでインターネット接続を利用可能なため、シームレスで効率的な接続を実現します。

Coltの On Demand サービスは、米国やヨーロッパをはじめ、日本、香港、シンガポールでもサービス提供地域を広げ、日々強化されています。さらに、最近ではGoogle CloudやOracle Cloudとのダイレクトかつオンデマンドでの接続など、リアルタイムで数多くの主要クラウド環境に接続できます。

Coltのアジア代表および代表取締役社長の星野真人は次のようにコメントしています。「今日のビジネス環境では、かつてないほどの柔軟性が要求されています。企業は、今まで以上にリアルタイムでビジネス課題に対応できる接続ソリューションを求めています。IP Access On Demandにより、お客様はリモートワークのニーズに基づいたIP要件に即座に対応できるようになります。Coltの革新的なオンデマンドポートフォリオにIP Accessが追加されたことで、SDN市場のリーダーとしての役割を果たしていくことができると確信しています。何百ものデータセンター、何万もの商業ビルを接続している当社と同様のスケールで、IP Accessのオンデマンドサービスを提供できるプロバイダーは他にはいません。今日、デジタル・トランスフォーメーションを促進するためにもお客様は広帯域のオンデマンドソリューションを必要としており、当社ではお客様ご自身でサービスをコントロールいただけるように開発を重ねています。」

Webサーバーによるコンテンツ提供、クラウドサービスの活用、VoIP、オンラインバックアップなどインターネット に関するお客様の多様なビジネスニーズに対応するために帯域専有型や帯域共有型のアクセス回線を提供します。

詳細についてはColtのウェブサイトをご覧ください。 https://www.colt.net/ja/product/ip-access/