[画像のクリックで拡大表示]

 新型コロナウィルスの影響より、リモートワーク、テレワークに全面舵切りし、それを現在も継続している企業もあれば、出社を前提としながらも、選択肢としてのリモートワーク環境を用意している企業もあるかもしれません。様々な事情が各社各様にありますが、働き方の1つのあり方として、リモートワークは日本においても必須の選択肢という時代が思わぬ形で実現してしまったのです。

 今までの「社員の大半が出社するのが前提」だった時とは違った諸問題が色々と発生します。例えばリモートで社内会議をやるにしても、「リモート会議用のアプリケーションが立ち上がらない」「音声は聞こえるが映像が見えない」「音声がブツブツ切れる」「アプリケーションは立ち上がるがログインができない」「資料が共有できない」など。また外部の方とのコミュニケーションにおいては、相手方とのセキュリティポリシーに差異があり、同じアプリケーションが使えない、資料の共有さえうまく出来ない、など。日々こういった問題に相対し、問題を解決してきたITご担当者の方に、もっと効率的に環境管理をしながら、さらにセキュリティ対策を強化するソリューションとして、SplunkのRemote Work Insightをご紹介したいと思います。

 Splunk Remote Work Insights (RWI) は、不確実性を緩和し、急速に拡大するリモートワークの従業員が直面する課題に対処するために設計されています。RWI には、VPN、認証、Zoom、Microsoft 365 などの複数のシステムにまたがる IT およびセキュリティのリアルタイムな可視性を実現するための専門家によるガイダンスに加えて、管理者レベルおよび運用レベルのダッシュボードが含まれています。

 我々Splunkも、このソリューションのユーザーです。Splunkはサンフランシスコに本社があるグローバルカンパニーの一社です。もともと、社員がリモートワークが出来るインフラ整備はされていたものの、全世界の社員が「基本的には在宅勤務」となり、IT担当者としても「想定外」の事態であったのは間違いありません。

 これは弊社本社、Splunk Inc.のCTOがポストしたブログの日本語翻訳記事です。https://www.splunk.com/ja_jp/blog/leadership/introducing-splunk-remote-work-insights-our-solution-for-the-new-work-from-home-reality.html

 ここにある通り、全世界で社員のリモートワークがスタートし、VPN接続のトラフィック量が10倍に跳ね上がっていることを把握、そしてそれが業務執行を妨げることなく機能していることを把握したことを記載しています。

 また、こちらはセキュリティ対策の例なのですが、リモートワークがメインとなるとやはり最初に気になるのは「情報漏洩」対策かと思います。普段ならオフィスから持ち出せないデータに社外からアクセスしない限り、業務が遂行できない。そんなことが当たり前のように発生します。このブログポストでは、アメリカの政府系非営利研究機関が提供しているMITRE ATT&CKフレームワークを応用した、Splunk Security Essentials (弊社が無償で提供しているアプリケーションの1つです)を使った一例が紹介されています。

https://www.splunk.com/ja_jp/blog/security/securing-a-new-way-of-working-who-let-the-data-out.html

 「現状を把握し、対応を考える」というと当たり前のように聞こえますが、それを実現するのは実際にはとてつもない工数が発生し、いつ実現できるのか想像もつかない、という声もあるかと思います。そのようなIT担当者の方に是非このRWIをお試しいただきたいと思います。このソリューションは無料でお試しいただけます。

ご興味、ご関心をお持ちの方はぜひ関連サイトより詳細を御覧ください。

 また、Splunkでは「Data Age - データの時代に備える」と題した最新レポートを提供しています。(フライシュマン・ヒラード社、TRUE Global Intelligenceが8カ国で実施した調査に基づいたレポート、2020年9月発行)ぜひこちらよりダウンロードの上ご一読ください。

https://www.splunk.com/ja_jp/form/data-age.html