ニューノーマル時代の在宅勤務の増加にともない、ストレージやアプリケーションはもちろんシステムのクラウド化が急務となっています。

こうした背景もあり、2020年代はクラウドファースト戦略が一層重要視されるようになり、クラウドネットワーキングの時代になろうとしています。米調査会社Gartnerは、2025年までに企業の80%が従来型データセンターを閉鎖してすべてクラウドに移行するとの見解を述べています。

本レポートは、2020年に実施したクラウド移行プロジェクトについて、200人を超えるITの意思決定者を対象に調査しました。

【掲載内容】

  • COVID-19がクラウド移行へもたらした影響
  • クラウド移行を完了した5つのミッションクリティカルなシステムが企業にもたらすメリット
  • クラウド移行における最大の課題と解決策
  • マルチクラウド導入時のクラウドネットワーク管理術
  • ITリーダーが考えるクラウド移行計画プロジェクトにかかる時間と課題
  • クラウド移行の最新トレンドやヒント

ぜひ本レポートをご覧いただき、「不確実」な社会におけるクラウド活用の課題や気を付けるべきポイントをご覧ください。