[画像のクリックで拡大表示]

<テレワーク導入を前にした管理者のお悩み>
便利になるのはわかるけど…こんな時はどうすべき?

■スマートフォンにモバイルPC
台数が増えた時に楽に管理できるかな?

■業務外の用途では利用できないように
機能を制限することはできるだろうか?

■業務利用するアプリのインストール
毎回デバイスを回収するのは手間がかかるな…

■社員の様子が見えないテレワークだと
長時間労働になっていないか心配だな

安心なテレワーク環境を作るために私達にお手伝いできること
国内 MDM 市場9年連続シェア No.1 *の CLOMO にできること

■スマートフォンもモバイルPCもまとめて遠隔管理できます
Windows、iOS、Android など、管理者はテレワーク環境に必要な、様々な種類のOS・デバイスを同一の管理パネルから統合的にリモートで管理することができます。

■設定変更や機能制限も一括制御可能です
管理者は、Wifi設定やVPN設定、パスコード利用など、様々な設定を遠隔で強制的に適用できます。これらの設定は、部門や部署など、任意のグループに一括適用できます。

■業務に必要なアプリを遠隔でインストールできます
管理者は、ウェブ会議やチャット、VPN接続アプリなど、テレワーク環境を整える上で必要なアプリを、遠隔操作で一括配布・インストールできます。

■会社が認めたデバイスだけ社内アクセスを許します
社内ネットワークへアクセスする際の認証を強固にする、デバイス証明書の一斉配布できます。失効管理も可能で、デバイス紛失などの場合でも不正アクセスを防ぎます。

■長時間労働が心配ですか?
ワーク・スマート機能が定時を過ぎたら機能を制限します。
CLOMO に標準搭載のワーク・スマート機能が、時間外労働や隠れ残業の防止をお手伝いします。あらかじめ決められた業務時間を過ぎると機能を強制ロックし、過剰な業務を防ぎます。利用者からの申請があった場合は、ロックモードを解除することも可能です。

*出典:ミック経済研究所「コラボレーション/コンテンツ・モバイル管理パッケージソフトの市場展望」2011~2017年度、「ミックITリポート2020年1月号」2018年度出荷金額実績および2019年度出荷金額予測