[画像のクリックで拡大表示]

 ご存じのように、今日クラウドは、エンタープライズ・ソフトウェアにおいて圧倒的な存在感を示しています。世界的な競争の激化により、一部の企業では、新しい顧客の要求に迅速に対応するために、ITの一部をクラウドに移行の時期を早めることを行っています。弊社のクライアント企業様においても、クラウドへの移行が急速に進んでいる感触があります。一方で、ビジネス上の理由によって変革を一時停止せざるを得なくなった企業もあり、クラウド プロジェクトは予想以上に長い期間に渡って実施されることもあります。どちらのシナリオも、ハイブリッドIT環境が鍵になります。ハイブリッドITは、IT部門がコンピューティングのコストを削減して、データを管理し、競争優位性を高めるための迅速なイノベーションを実現するための実用的でスマートな戦略であり、今後ますます普及すると考えています。特に日本では、最近の日本ガートナー社のレポートにおいて、クラウド コンピューティングの国内での導入率は平均18%※1と、導入には慎重な企業が多い状況ですので、ハイブリッドIT環境はさらに注目されています。

 ※1 ガートナー、日本におけるクラウド・コンピューティングの導入率は平均18%との最新の調査結果を発表https://www.gartner.com/jp/newsroom/press-releases/pr-20200514

 >>続きは、リミニストリート公式ブログ「BLOG | WORD ON THE STREET」で。