デジタル化が進展し、デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現が企業の生き残りに影響するようになった現在、データを失うことはビジネスの存続に関わる大問題となる。導入が容易でコストバランスに優れたバックアップソリューションであるクラウドバックアップで、災害時や事業継続への事前対策を施しておきたい。

 ビジネスに欠かせないデータ。システムトラブルや災害などがあったときに、そのデータを守るための対策は講じているだろうか。データを保管していたストレージからデータが読み出せなくなったら。災害大国になってしまったかのような日本の昨今の自然災害で、本社のサーバーが使えなくなってしまったら。

 データのバックアップを取っておけばよかった、災害復旧や継続的な可用性のために事業所とは別の場所にもデータを保管しておけばよかったと、後戻りできない状況になってから考えるのが人の常だ。

 システムのトラブル対策や、業務継続計画(BPC)、災害からの復旧の仕組みであるディザスタリカバリー(DR)を考えると、何らかの対応をしなければならないと考えている経営者やIT部門担当者は少なくないだろう。しかし、何から手を出していったらいいかというと、その方法を選択するだけでも苦労する。その上、バックアップ態勢は事業に必要なものだと理解していても、そのためにかかるコストは直接の収益を上げる投資とは考えにくく、高額なコスト負担があるバックアップシステムの導入には二の足を踏んでしまう。

 「そうした、業務継続対策の必要性を感じながらも導入に踏み切れない企業に向けて、導入や運用が容易な業務継続対策ソリューションがあります」。そう話すのは、Arcserve Japanの渡邊結子氏だ。それが、同社が提供するクラウドを活用したバックアップバックソリューションだ。クラウド上のストレージにバックアップ用の領域を確保し、必要なデータを逐次バックアップし、災害対策ができる態勢を整えられる。

arcserve Japan 合同会社 チャネルマーケティング マネージャ 渡邊 結子 氏
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はログインが必要です

日経クロステック EXPO 2020 への入場登録が必要です