コロナ禍のBCPとしては緊急導入したリモートワーク環境でも事足りたが、今後に向けては会社と社員の両方の目線を持ち、企業としての価値向上を実現するネクストノーマルなワークスタイルを確立することが必要だ。社員に多様な選択肢を提供して利便性を向上すると同時に、セキュリティリスクを低減することがポイントとなる。リモートワークを安定的かつ快適な仕事の基盤となるのがNTTデータの「BizXaaS Office(R)」だ。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、多くの企業がリモートワーク(テレワーク)環境を緊急導入した。しかし、ほぼすべての社員が出社できない状況が数カ月にわたって続く中で、多くの課題が顕在化してきている。

 「自宅から社内ネットワークへのVPN接続がうまくいかない」「自宅では仕事スペースが確保できない」「押印が必要な紙ベースの業務が残っている」といった環境整備不足によるものから、「社員の管理や評価がしづらい」「部門内の会話不足で精神的ストレスを感じている」といったコミュニケーション不足によるもの、さらには「持ち帰り端末からのデータ漏えいリスクが高まっている」「サイバー攻撃が増加している」などセキュリティに関するものまで、その内容はさまざまだ。

 社員のプライベートな住宅事情やライフスタイルに起因するものなど、会社側からは安易に踏み込めないものもあるが、顕在化した課題に対して可能な限りの解決策を講じていくことが求められる。

 NTTデータ 遠藤由則氏は、「もともとリモートワークは、企業が働き方改革やデジタルトランスフォーメーション(DX)を目的として進めていたものです。コロナ禍でのBCPを目的とした単なる緊急事態対応にとどまるのではなく、将来的に企業としての価値向上を実現するための新たな常態(ネクストノーマル)を目指す必要があります」と訴える。

 リモートワークを安定的かつ快適な仕事のプラットフォームへと変容させ、不可逆的な取り組みにするための方策を考えてみよう。

株式会社NTTデータ ビジネスソリューション事業本部 デジタルビジネスソリューション事業部 デジタルワークスペース統括部 ソリューション営業担当 部長 遠藤 由則 氏
[画像のクリックで拡大表示]