データ活用の民主化を実現したユーティリティ企業の事例

 NTTデータのサービス提供先として、あるユーティリティ企業の事例を谷中氏が紹介する。「最初、マーケティングのデータ基盤をつくりたいという相談を受けました。当初は、営業企画部門という限定された範囲で活用する基盤として稼働。その後、徐々に営業部門など他部門も同じ基盤を活用するようになり、やがては全社的なデータ基盤へと進化しました」

 これに伴い、社内にデータ活用専門のチームが立ち上がった。同チームには様々な部門からデータの分析・活用に関するニーズが集まり、分析結果などを返すという社内向けサービスを提供するようになったという。

 「データ活用度が高まるにつれて、データ基盤が強化されるとともに、それぞれの現場でデータ活用の知見がたまった。現在では、各部門が自ら様々なツールを使ってデータを活用するという状況が生まれています。ステップ3のデータ活用の民主化の入口に立ったところです」(谷中氏)

 谷中氏が紹介するユーティリティ企業のように、3段階のステップを踏むには一定の時間がかかる。成熟度の段階に応じて適切な投資、施策を講じることができれば、デジタルサクセスに至る時間を短縮し、より大きな効果を得ることができるはずだ。  業種業態を問わず、あらゆる企業にとってデータ活用のレベルアップは切実なテーマである。いま、経営者に問われているのは「データ活用をするか、しないか」ではない。「しない」という選択肢が残されている企業はほとんどないはずだ。

「NTT DATA Technology Week 2020」開催中!(2020年10月12日~23日)
NTTデータの最新テクノロジー、最先端事例を発信
https://www.nttdata.com/jp/ja/event/2020/technologyweek/

NTTデータ(AI&IoT事業部公式サイト)
URL https://enterprise-aiiot.nttdata.com/top/
e-mail aiiotmarketing@kits.nttdata.co.jp