多くの企業がRPAを様々な業務に適用して、省力化などのメリットを享受している。ただし、RPAの活用で本来目指されるべきは、各業務の個別最適ではなく、社内業務の全体最適化にほかならない。NTTデータ先端技術では統合運用管理ツール「Hinemos」に「WinActor管理機能」を新たに搭載。それに向けた企業の取り組みを支援している。

 ここ数年来、RPA(Robotics Process Automation)が企業の間に、まさに爆発的ともいえる勢いで普及を遂げてきた。最近では、企業のバックエンド業務を中心とした領域へと広く浸透し、多くのユーザーがそのメリットを享受している状況である。

 ただしその一方では、RPAの活用が進む中で新たな課題に直面しているという企業も少なくない。具体的には、RPAの導入によって本来企業が目指している業務の全体最適化には、なかなかつながってきていないという問題がある。確かに、RPAを個々の業務に適用すること、それら個別業務の自動化が促進され、それは確実に現場の省力化につながってはいる。しかし、そうした活用の現状は、RPAが単に個人の便利ツールの域を脱していないものと捉えることができる。

 これに対し、企業における業務の全体最適化という観点からは、RPAによってそれら個別最適化された業務の数々が、端末や部門をまたがるかたちでさらに連動することで、より広範な自動化が実現されるというフェーズへと進んでいく必要がある。もちろんそれにあたっては、これまで現場主導で開発、適用が進められてきた数多くのロボットを適正に管理、統制しながら、シナリオごとの稼働状況をしっかりと可視化し、把握するといったことも不可欠な要件となるだろう。

 もっとも、そうしたことも、まさに「言うは易し」であり、その実現に向けては、多大なコストや労力、さらには技術面も含めた諸問題が立ちふさがることになる。では、こうした問題を解消しながら、RPAの活用をその真のゴールである業務の全体最適化へと導くためのアプローチとはどのようなものか。次ページ以降で検討したい。

企業はRPAの活用が進む中で新たな課題に直面している
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はログインが必要です

日経クロステック EXPO 2020 への入場登録が必要です