クライアントPCの利用状況の把握は労務管理にも役立つ

 実際にSKYSEA Client Viewが提供する機能をテレワークという観点から見てみよう。まず社外から社内のシステムに安全にアクセスするVPN接続だが、インターネットに接続されている環境では、VPN接続していても、していなくてもWebサイトは利用可能であるため、直接インターネットに接続して利用してしまうことも可能となる。しかし、これではVPN接続によって企業が用意している各種セキュリティ対策機能を使わずに接続することになる。そこで、SKYSEA Client Viewの機能を活用し、PCの電源が立ち上がったと同時に強制的にVPNに接続するように設定しておけば、直接インターネットに接続して利用してしまうリスクを減らすことができる。

 また、デバイス管理機能によって、デバイスの利用を制限することで、サーバー上のデータをUSBメモリに書き込むことを禁止したり、管理画面からセキュリティの更新プログラムの適用を一括で実施させたりすることは、情報漏洩の危険性を回避するとともに、脆弱性を予め排除することにもつながる。

 SKYSEA Client Viewの機能は労務管理という面でも有効だ。クライアントPCの操作ログからテレワーク中の業務の状況把握や、使用時間に基づいてリアルタイムに労働時間の把握も可能だ。予定している終業時間が近づくと、残業申請をするかどうか尋ねるように設定しておくことで、オーバーワークに警鐘を鳴らすこともできる。

 最も重要なのが、こうした機能が働く場所に関係なく利用できることだ。今後、社内と社外で働くハイブリッドワークが当然になってくる。SKYSEA Client Viewを導入しておけば、セキュリティを意識することなく、シームレスに対応することが可能になる。いつでもどこでも安心してテレワークを展開できるように、早めの導入をお勧めしたい。

「SKYSEA Client View」の機能は労務管理にも有効
[画像のクリックで拡大表示]