シンクライアント導入で安心安全にデータ活用

 一方、データの保護という意味で注目されているのが、シンクライアントである。利用するデータはサーバー上にあり、手元のPCにデータを残すことがないので、最も安心できる。ただし、多くのシンクライアントシステムは独自OSの上に構築されているものが多く、管理運用方法も独特で、決して気軽に導入できるものではなかった。

 こうした制約を解消したのが、Skyの「SKYDIV Desktop Client」である。Windows Serverに搭載されている「Microsoft Hyper-V」を利用するシンクライアントシステムなので、多くの組織が使い慣れているWindows Serverを使うことができ、導入のハードルは一気に低くなる。

 このSKYDIV Desktop Clientには2つの方式が用意されている。サーバー上にユーザー数だけ仮想マシンを用意するVDI方式と、1つのWindows Serverを複数人で切り分けて利用するSBC(RDS)方式だ。前者のほうが高い自由度を持つが、後者は費用を抑えることができる。状況に応じて最適な方式を選ぶことができる。

 シンクライアントであれば、テレワークでも企業データを安心して最大限活用できる。組織として業務を遂行する大規模な企業や団体には、大きな成果が期待できるだろう。

 最後に、SKYSEA Client ViewとSKYDIV Desktop Clientのどちらも純国産製品であることを強調しておく。きめ細やかなサポートが受けられて、ユーザーの声も反映されやすい。両製品とも定期的にバージョンアップされ、機能強化にも抜かりがない。今後はさらなるテレワークに対応した機能が追加される予定だ。そこにも注目しておきたい。

企業データを安心安全に活用できるシンクライアント「SKYDIV Desktop Client」
[画像のクリックで拡大表示]

SKYSEA Client View
https://www.skyseaclientview.net/

SKYDIV Desktop Client
https://www.skydiv.jp/

Sky
URL https://www.skygroup.jp/