デジタルトランスフォーメーション(DX)やデータ活用に関して、企業は前向きに取り組んでいる。ただ、自社で十分な人材を確保できる企業は少ない。そこで求められるのが技術力の高い信頼できるパートナーである。長年、受託開発に携わってきたSkyは、技術力のある多くのエンジニアを擁し、企業DXの支援に関する実績も豊富だ。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)はビジネスの様々な部分に影響を与えている。経済的ダメージを受けた企業も少なくないが、これを機に新しいビジネススタイルを模索する動きも活発化している。

 例えば、顧客接点。フェイス・ツー・フェイスの営業やマーケティング活動から、デジタルの接点にシフトする動きが目立ち始めた。その入り口として重要なのがWebサイトだ。多くの企業はWebサイトをすでに用意しているが、本当にユーザーフレンドリーで使いやすいものになっているだろうか。また、Webサイトから顧客管理システムをはじめとする社内システムへの連携は、スムーズだろうか。場合によっては、一人ひとりの顧客について購買見込みなどを分析するデータ活用基盤などにもつなぐ必要があるだろう。

 COVID-19もいつかは終息に向かう。今回の非常事態を受けて、デジタル基盤を整備し、データ活用に取り組んでいれば、いずれ企業にとってメリットを生むことになるだろう。

 社会のあらゆるシーンにデジタルが浸透しつつある中で、データ活用の進展はビジネスチャンスだけでなく、リスクにもつながる可能性がある。データ活用を武器に異なる業界から新規参入者が出現するかもしれない。

 こうした認識の高まりを背景に、多くの企業がデータ活用への取り組みを本格化している。ただ、自社内に十分なデジタル人材を確保できている企業は少ない。デジタル施策を実行するためには、技術力の高いパートナーの存在が欠かせない。長年、日本国内メーカーのシステム開発を支援し、提案からサポートまで一貫して行うSkyの取り組みを紹介する。

Skyのサービス内容
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はログインが必要です

日経クロステック EXPO 2020 への入場登録が必要です