Webでデバイスを1個から購入できる「IoTストア」

 ソラコムのIoTプラットフォーム「SORACOM」は、IoT専用のモバイル通信サービス「SORACOM Air」をはじめ、IoTデバイスとクラウドをセキュアに通信させるネットワークサービス、データ保存や可視化、クラウド連携を行うアプリケーションサービスなどを提供し、企業のIoT活用を支援してきた。

 ソラコムでは、誰でも手軽に活用できる「IoTの民主化」を進めるため、「1回線から利用できる通信サービス、1個からWebで購入できるデバイスをはじめ、セキュリティ対策やAPI連携、グローバルなサービス提供などに取り組み、多くのお客様から評価されてきました」と、伊佐氏はIoTプラットフォームの特徴を説明する。

 さらに、管理画面を通じて通信の開始や解約、速度変更などの回線管理操作や、セッションの状態、料金などを閲覧できるユーザーコンソールを用意。大規模な企業から、中堅・中小企業、スタートアップ企業まで、様々な企業や業種でソラコムのIoTプラットフォームが利用されている。

 ただ「IoTの民主化」の観点から、もっと導入企業の裾野を広げたいと考えたソラコムは、数多くのIoTプロジェクトを経験してきた知見を生かした2つのサービスを提供する。その1つがソラコムのWebサイトに開設している「SORACOM IoTストア」だ。自社のIoTシステムの用途に応じたデバイスを選び、Webサイトのショッピングカート機能を使って1個から購入できる。

 IoTシステムにどんなデバイスが必要か、理解している企業ばかりではない。これからIoTシステムを導入したいが、どのデバイスを選んだらいいのか分からないという企業もある。その手助けとなるのが、IoTストアの「IoT活用レシピ」だ。