企業システムは、オンプレミス中心からクラウドへとシフトしている。そこではオンプレミス、プライベート・クラウド、パブリック・クラウドといった異なるプラットフォームが混在する。こうした状況で一元的にすべてを運用する仕組みが注目されている。パブリック・クラウド・サービスを様々な物理的な場所に配布する「分散型クラウド」だ。

 企業システムにおけるクラウドシフトが急速に進んでいる。これまでの情報系システムに加えて、基幹システムについてもクラウド化の検討を始めている企業も多い。しかし、現実には多くの重要システムはオンプレミスで稼働している。それを考慮すると、今後、オンプレミスとクラウドを併用するのが一般的な形態になるだろう。

 また、クラウドにもプライベート・クラウドとパブリック・クラウドがあり、それを併用するハイブリッド・クラウドが主流になると考えられる。複数のパブリック・クラウドを併用するマルチクラウドも一般的になるともいわれている。さらには、IoTやAIを活用するためのエッジサーバーも普及すると予測されている。

 こうした様々なITプラットフォームが混在して活用されていく場合に問題になるのは、プラットフォームの差異とシステム運用の煩雑さだ。プラットフォーム間でのアプリケーションの移行や共存が難しくなると、技術的な進化の恩恵を広げづらくなり、コスト面でも不利になりかねない。また必要とされる運用スキルにもばらつきが生じ、運用業務全体が非効率になる。

 「こうした問題を解消するのが、ハイブリッド環境に対応したマネージド・サービスの利用です。IBMでは新しいサービスの提供を開始します」と日本IBMの古川正宏氏は語る。この新しいサービスは、具体的にはどのようなサービスで、企業システムにどのようなメリットをもたらすのだろうか。

日本アイ・ビー・エム株式会社 クラウド & コグニティブ・ソフトウェア事業本部 古川 正宏 氏

ここから先はログインが必要です

日経クロステック EXPO 2020 への入場登録が必要です