メリットは運用管理だけを共通化できること

 IBMは、ユーザーが必要とする IBM Cloud マネージド・サービスを、どこにおいても稼働できるようにする「IBM Cloud Satellite」を提供する。IBM Cloud Satellite は IBMが実現する分散型クラウドだ。IBM Cloud Satelliteを利用することで、ユーザーのアプリケーションとIBM Cloudのマネージド・サービスを、IBM Cloudだけでなく、他社のパブリック・クラウド、データセンターのプライベート・クラウド、オンプレミス、エッジサーバーなど、“任意の場所”で稼働させることができるようになる。

 「単にどこでも稼働させることができるというだけではありません。IBM Cloud Satelliteが対象とするすべてのシステムは、1つのダッシュボードで一元管理されます。各パブリック・クラウドのメリットはそのままで、運用だけが共通化されるのです」と古川氏は分散型クラウドの特徴を解説する。

 なぜ、それが可能になるのか。鍵はIBMが提供するRed Hat OpenShiftにある。LinuxコンテナとKubernetesが統合されたコンテナプラットフォームであるRed Hat OpenShiftの上で、アプリケーションとIBMのマネージド・サービスをセットにすることで、あらゆるプラットフォームに移行できるようになる。

 「お客様が用意したサーバーをIBM Cloudサービスの稼働場所、Locationとして登録すると、IBM Cloud Satelliteの管理対象として認識されます。LocationとIBM Cloudの間ではセキュアな通信接続が確立され、アプリケーションやIBM Cloud マネージド・サービスがデプロイされて、IBM Cloudのコンソールから一元的に管理できるようになります」(古川氏)。

IBMが実現する分散型クラウド「IBM Cloud Satellite」
IBMが実現する分散型クラウド「IBM Cloud Satellite」
[画像のクリックで拡大表示]