Nutanix Clusters で可能となるクラウド活用のユースケース

 先行してローンチされたNutanix Clusters on AWSでまず押さえておきたいポイントは、ベンダー側であらかじめ確保したパブリッククラウド領域からNutanix HCIのノードを提供して運用するマネージドサービスとは異なることだ。

 島崎氏は、「Nutanix Clustersは、お客様が利用しているAmazon VPC(Virtual Private Cloud)にNutanixソフトウエアを持ち込んでHCIを構成します」と説明する。すでにアプリケーションを展開しているAWSのリージョンやアベイラビリティゾーンの同じ場所でNutanix HCIのクラスタを運用することができるのだ。オンプレミスで運用しているNutanix HCIとまったく同様にそのクラスタは完全に自社の管理下・コントロール下にあるため、例えばオンプレミスとパブリッククラウド間をオーバーレイネットワークで接続しなければならないといった制約を受けることもない。

 これによりNutanix Clusters on AWSは、「アプリケーションのプログラムコードを変更することなくパブリッククラウドへ移行(リフト&シフト)する」「一時的なデマンドの増加に応じてリソースを迅速にパブリッククラウドへとバーストさせる」「自社から離れたパブリッククラウドのリージョンに災害復旧(DR)サイトを構築する」「アプリケーションを段階的にモダナイズしてクラウドサービスへネイティブに接続する」といったユースケースで柔軟にワークロードを運用できる。

ニュータニックス・ジャパン合同会社 テクニカルエバンジェリスト 島崎 聡史 氏
ニュータニックス・ジャパン合同会社 テクニカルエバンジェリスト 島崎 聡史 氏
[画像のクリックで拡大表示]