クラウドネイティブ開発を簡素化してDevOps戦略を推進

 ニュータニックスがKarbon Platform Servicesの提供を開始したことには、どのような狙いがあるのだろうか。

 昨今、クラウドネイティブというキーワードが注目されているが、その環境下でコンテナ化されたワークロードやマイクロサービスを一元的に管理し、アプリケーションアーキテクチャーやサービスオーケストレーションに新たなパラダイムを提供するオープンソースのプラットフォームがKubernetesである。

 とはいえこのKubernetesを“素”で使いこなすのは容易なことではない。要するに、そこで満を持して登場したのがKarbon Platform Servicesというわけである。内田氏は、「Karbon Platform Servicesは自動化されたセキュリティーを備え、あらゆるクラウド環境に対するマイクロサービスをベースとしたアプリケーションの開発および導入期間を短縮します」と語る。

 これによりソフトウエア開発者はオンプレミス、パブリッククラウドさらにはエッジまであらゆる環境において、ターンキー型のマネージドサービスのメリットを享受しつつクラウドネイティブアプリケーションを構築・実行するとともに、アプリケーションとインフラストラクチャーを切り離した管理を行うことが可能となる。

 一方でIT部門の運用担当者に対しても、シンプルで一貫したアプリケーションライフサイクル管理およびセキュリティー管理のためのフレームワークが提供される。

 こうしてKarbon Platform Servicesはクラウドネイティブアプリケーション開発とオーケストレーションを簡素化することで開発者と運用担当者の新たな関係性を築き、DevOps戦略を支援していくのである。

マルチクラウド環境上で幅広いマイクロサービスベースのアプリケーションを迅速に展開・実行できる
マルチクラウド環境上で幅広いマイクロサービスベースのアプリケーションを迅速に展開・実行できる
[画像のクリックで拡大表示]