これまで重要システムのDR(災害復旧)体制を強化するためには、遠隔地のデータセンターにリカバリーサイトを構築する必要があるなど、非常に高いハードルが立ちはだかっていた。このDRを誰もが手軽に導入できるシンプルなクラウドサービスとして提供しているのがニュータニックスのXi Leapである。

 地震や津波、台風、火山の噴火などによる被害を何度も受け、災害大国とも呼ばれる日本のあらゆる企業にとって、ITシステムのDR(災害復旧)は事業継続の観点から決して怠ることのできない施策だ。

 だが、誰もがやらねばならないと理解していても、多くの企業がDRの構築にはなかなか踏み出せないでいる。本社や主要拠点から離れた場所にリカバリーサイトを確保するには多大なコストがかかり、運用を維持するための人手も必要だ。加えて非常に高い技術レベルが要求されるなど、ハードルが高すぎるのだ。それでいながらどんなに優れたDRを整備したとしても、その投資に見合う収益を生み出すわけでもない。

 「こうしたDRに関する課題をシンプルかつ手軽に解決するソリューションが、ニュータニックスが提供を開始した災害復旧サービス『Xi Leap』です」とニュータニックス・ジャパンの鈴木孝規氏は話す。

 Xi Leapの何が魅力的なのかというと、最大のポイントは企業が独自に専用のリカバリーサイトを持つ必要のないクラウド型のDRaaSとして提供されていること。多大なコストをかけることなく、サブスクリプションモデルでサービスを利用できる。

 運用も簡単だ。災害が起こってプライマリサイトが停止した際に、Xi Leap側で業務を再開するフェイルオーバーを1クリックで実行することができる。同様にプライマリサイトが復旧して業務を巻き戻すフェイルバックも、簡単な操作で行える。

 しかもこうしたフェイルオーバーやフェイルバックが正常に働くことを、平時に簡単に試して確認することもできる。もちろん稼働中のシステムに影響を与えることもない。

 これならどんな企業も負担を感じることなくDRを導入できるのではないだろうか。以降、Xi Leapの詳細な内容を見ていきたい。

ニュータニックス・ジャパン合同会社 エンタープライズクラウドアーキテクト 鈴木 孝規 氏
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はログインが必要です

日経クロステック EXPO 2020 への入場登録が必要です