リモートワーク環境を支える通信インフラとして欠かすことのできないVPN(Virtual Private Network)。コロナ禍を受けて利用者が拡大する中、レスポンスや安定性など通信品質にかかわる課題が改めて浮上してきている。リモートワークの定着を見据えて今後の企業に求められるのは、「切れない」「高速」なVPN接続環境の実現だ。

 新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、企業の間では在宅勤務をはじめとするリモートワークへの対応が急速に進んだ。今後の「アフターコロナ」「ウィズコロナ」時代における、働き方の「ニューノーマル」を見据えたとき、リモートワークによるオフィスに縛られない働き方を局面に応じて柔軟に実践していける体制の整備は、企業にとってもはや前提だといっていい。そうしたリモートワークを支える通信インフラに関する最も基本的な技術といえるのがVPNにほかならない。

 このVPN接続は、コロナ禍を受けた利用拡大の中で様々な課題が浮上してきている。例えば、リモートワークのインフラをいまだ整備できていない企業では、VPN接続環境を速やかに構築したいと考えても、VPNの需要が高まっている状況もあって、ベンダー側のSEリソースや機器の調達が逼迫しているために、早期導入が困難だという事態が生じている。

 また、すでにVPN接続によるリモートワーク環境を実現している企業においても、利用の拡大に応じたライセンスの追加に時間を要しているというケースも多い。加えてVPNの利用が進む中、その通信品質に課題を感じるユーザーも多い。例えば、在宅勤務を行う従業員の自宅マンションのインターネット接続環境が混み合って十分なレスポンスが得られないといったケースも少なくない。「電車などでの移動中にアクセスしている際には、トンネルを通過する際などに接続の瞬断が発生し、その都度再認証が求められて非効率的であるという声もよく聞きます」と丸紅情報システムズの井上雄貴氏は指摘する。

 つまり、VPN環境を未導入の企業にとっては、できるだけ早期に環境を整備できることが重要であるし、すでにVPNを導入済みの企業にとっては、通信品質上の課題をどう克服していくかが重要なポイントとなる。では、そうした今日のリモートワークにかかわる様々な要請に応えられるVPNソリューションとはどのようなものなのだろうか。

丸紅情報システムズ株式会社 IT基盤ソリューション事業本部 東日本営業部 営業課 アシスタントマネージャー 井上 雄貴 氏
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はログインが必要です

日経クロステック EXPO 2020 への入場登録が必要です