IoT機器やRFID装置を活用した、工具や計測器等の持出・返却管理ソリューション「工具ONE」の概要動画。

  • (1)「収蔵位置管理ソリューション」についての概要
  • (2)「ICタグ」
  • (3)「ハンディリーダー」
  • (4)「ソフトウエア」の紹介
  • (5)「上位システム」と連携させるメリットとは?
  • (この動画では、ICタグを活用した現場の工具や計測器の収蔵位置管理ソリューションについて説明)

「工具ONE」は、以下の課題を解決するソリューションである。

  • 持ち出し・管理業務の効率化を行いたい
  • 捜索業務の簡素化を行いたい
  • 校正管理業務を徹底したい
  • 遊休・稼働管理業務をシステム化したい
  • 棚卸業務を効率化したい
  • 移転を機に移動業務の効率化を行いたい
  • 証跡管理を強化したい

「現場の⼯具管理⽅法を変えるには?」「なぜ、多くの企業が『⼯具ONE』」を選ぶのか?」などの疑問に答えます。

 ⼯具が⾒当たらず、仕事がストップするような事態は避けたく、効率的な現場運⽤のためにも、適切な⼯具管理は現場管理者の責務でもある。⼀般的に⼯具管理には、持ち出し管理、返却管理、追跡管理、新規調達管理という4つの要素で成り⽴っている。この4つが回ることで理想的な⼯具管理は実現可能。ここでは、効率的な持ち出し管理を実現するために必要な今から取り組める持ち出し管理法を解説する。

次のページで動画を再生できます

ここから先はログインが必要です

日経クロステック EXPO 2020 への入場登録が必要です