連続カーボンファイバーを使用して造形する画期的なカーボンファイバー3Dプリンター「MARK TWO/X7」は、FDMの手軽さでアルミ相当の強度と軽量化を実現。生産治具・生産ツール、構造部品、機能試作モデル、カスタムパーツ・最終製品などの用途で使用されている。

 新型金属3Dプリンター「METAL X」は、画期的な金属3Dプリントテクノロジーで、安全かつ手軽に高品質の金属部品の製造が可能。設備費用は樹脂プリンター並みで、材料は金属粉末ではなく、フィラメントになっているため、防爆などの付帯設備が不要。生産治具・金型、小ロット部品・試作品などの用途で使用されている。

次のページで動画を再生できます

ここから先はログインが必要です

日経クロステック EXPO 2020 への入場登録が必要です