[画像のクリックで拡大表示]

 全体システム把握や機能要求の数値化を得意とする1DCAEは、3DCAEツールとつなげることで、設計の具体化と実現手段の明確化が狙え、製品の品質向上や効率化に大きく貢献する。

 本資料は、現状の課題解決のヒントになる情報が満載。1DCAEと3DCAEを組み合わせることで実現できる、設計・検討の新しい可能性について紹介する。

次のページで動画を再生できます

ここから先はログインが必要です

日経クロステック EXPO 2020 への入場登録が必要です