多くの業務がデジタル化されている現在、社外の様々な企業とのやりとりで伝票や申請書類、請求書などの紙が発生するケース、そして、紙で保管・運用している業務はないだろうか。紙が発生しないペーパーレス化をどうやって実現するべきか。さらにペーパーレス化を実現させるだけでなく、ペーパーレス化で得られた情報をどうやってうまく利活用していくかが今後の課題となってくる。

 本動画では、帳票のペーパーレス化や電子保管、電子化された帳票の利活用促進による業務効率化の向上を課題として電子帳票システムの導入に取り組んだ事例を基に「活文」を紹介。活文は多種多様な帳票の保管の自動化や、多彩な検索機能で電子化された帳票の利活用の促進を可能にする。

次のページで動画を再生できます