米国の医療費は1人あたり1万ドルを超えている。ハーバードビジネスレビューでは「米国は医療費の無駄を1兆ドル削減できる」と見積もっている。

 医療提供者、保険会社、製薬会社、およびバイオテクノロジー会社は、これらのコストを削減すると同時に、患者のケアと生活の質を改善する方法を模索している。

 では、どのような手段があるのか? それはAIの活用だ。この資料ではその事例を紹介する。

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます

ここから先はログインが必要です

日経クロステック EXPO 2020 への入場登録が必要です