企業活動に必要な情報をExcelで管理をしている、または業務ごとにツールを導入して管理をしているという企業は、個々の情報を集めることに時間と手間がかかり、かつ情報をまとめる際にミスが発生する場合がある。

 クラウドERP「MA-EYES(エムエーアイズ)」は、案件から受発注、債権債務までの情報を一元管理することにより、経営判断をするために必要な情報がシステム内に集約されるため、適切なタイミングで適切な情報を確認することができる。また、案件ごとの正確な収益把握が可能となり、業務の効率化につながる。

 同ERPは、企業規模、業種、管理したい内容により最適なものを選択できる複数のラインアップを用意。資料では製品ごとの概要や特長を詳しくまとめている。

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます