コロナ禍におけるオンライン需要など、ビジネス環境が変化するなか、状況に応じて柔軟にシステムを拡大・縮小し、導入コストと運用コストを抑えることがアフターコロナを勝ち抜く戦略の1つとなる。

 そうした中、クラウド・仮想環境でのシステム構築において最も重要視すべきは柔軟性である。状況に応じて柔軟にシステムを拡大・縮小ができるのがクラウド・仮想環境を利用する利点の1つであることから、クラウド・仮想環境上でトラフィックの負荷分散を行うADC製品においても同様に高い柔軟性が求められる。

 クラウド・仮想環境においてはこれまで主流であった物理ADCよりも仮想ADCがより親和性が高く、高い柔軟性を享受することができるため、仮想ADCの導入は負荷分散にとどまらない、様々な利用用途やメリットを企業にもたらす。

 本資料では、新世代の仮想ADC、ソフトウェア型ロードバランサである「Pulse Secure Virtual Traffic Manager」を導入することで得られるメリットやその利用例を、他社製品との性能比較を交えて紹介したものである。

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます