数年前から耳にするようになった「DX」や「機械学習」、「データサイエンス」などの言葉は、今ではニュースやインターネットで見かけない日はない。この流れに伴い、金融機関をはじめとした日本企業では、業務のデジタル変革による世界市場での競争力強化や業務効率化を急務とし、国としてもビッグデータの利活用を促している。

 証券、債券、FX、先物、コモディティなどの電子商取引では、決断の遅れは大きな痛手だ。レポートが上がってくるのを丸1日待っていては、収益につながる商機を逃すことになりかねない。あるいは、コンプライアンスを脅かす存在への対応が手遅れになることもあり得る。また、顧客やサードパーティーのシステムからPDFやテキスト形式で提供されたデータを手入力することでオペレーショナルリスクが生まれ、二重支払い、現金流用、請求書不正といった業務上の不正行為による混乱を招きかねない。信用リスク/不正リスクもはらんでいる。

 本資料は、オペレーショナルリスク軽減、ビッグデータ活用、ストリーミングデータの可視化など、金融業務における効率化とスムーズな取引を可能にするデータアナリティクスツール「Altair Knowledge Works」について、導入事例を踏まえて紹介する。具体的に、どういった業務でどのようなことが実現できるかを説明する。

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます

ここから先はログインが必要です

日経クロステック EXPO 2020 への入場登録が必要です