「働き方改革」「生産性向上」の取り組みが進められるなか、RPAが、業務効率化を実現する手段や働き方改革を進める手段として話題になっている。人が手作業で行っているPC上での作業をそのまま自動化でき、PC上の単純作業を効率的に一掃することができる――。そのような期待をされることも多いRPAだが、実際には必ずしもそうではない。

 本資料では、RPAによる自動化がなぜ難しいのか。また「RPA導入を失敗しない」ために心がけるべきこと、「業務自動化を成功に導く」ためにはどのような取り組み方が望まれるのか、といった点について解説した内容となっている。

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます