コロナ禍の厳しい状況でも、ITリーダーはDXの推進を進めていく必要がある。しかし、ITリーダーは「DXの予算やリソースをどうやって捻出するのか」といった投資とビジネス優先事項の調整を求められる。限られたIT予算のなかからコストを捻出するためにはどうすべきか。

 本資料は、リミニストリートが提供するエンタープライズソフトウエアの第三者保守サービスについて、特にコスト削減という面からみた導入効果とメリットについて紹介したもの。すでに同社の保守サービスは大手企業を中心に200社以上が採用しており、ERPなどのアプリケーションで十分なROIを維持するためには、高額な保守契約と不要なアップグレードへの支出をやめることが有効な方法だと認識している。

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます