地域や季節にかかわらず、国内各地で大雨による被害が多発し、水害に対して様々な取り組みが続けられてきた。しかし、雨の降り方が激変したことから、浸水被害は甚大化する傾向にあり、人命や資産を守るためにも、これまで以上に総合的かつきめ細かな水害対策が求められている。また、このような水害対策は民間企業にも求められている。特に水位計は、工場の浸水防止や建設現場における水害対策、また河川やため池の調査業務など、より幅広い業種で利用が進んでいる。

 アムニモでは、2020年4月~7月に水位計に関するWebアンケート調査を実施。これまで明らかになることが少なかった水位計の利用状況や導入している水位計の種類、水位計の利用に関する課題などについて、その動向や利用企業の生の声を調査した。本調査レポートは、アンケートの回答を一部抜粋し、資料としてまとめたもので、企業における水位計活用の参考データとして、さらにさまざまな水害に対する予防に活用できる。

※アムニモの水位計測サービスの詳細は調査レポートの最終ページ、またはHPに掲載。

【アムニモ水位計測サービス紹介ページ】https://amnimo.com/wlm/

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます