ペーパーレス化を推進するということは、単に紙書類を電子化すれば完了になるわけではなく、いつでもすぐに取り出して活用できるよう適切な管理が求められる。特に国税関係書類を電子化する場合は「電子帳簿保存法」への対応が肝となってくる。電子帳簿保存法に対応することで「コスト削減」「業務効率化」「セキュリティ向上」「BCP対策」などのメリットを生み、国税関係帳簿/国税関係書類の運用を容易にする。

 本資料では、経営の透明性を高める取り組みの1つとして電子帳簿保存法対応を実現した企業の事例を、採用したシステム「活文」とともに紹介。活文は電子帳簿保存法の要件を満たすことで、JIIMA認証(注)を取得。申請時の書類の一部を省略可能で、安心して採用できるシステムとなっている。

(注) 公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)が、市販ソフトウエアが電子帳簿保存法の要件を満たしているかをチェックし、法的要件を充足していると判断したものを認証する制度

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます