IoTの実践と活用を考えるに当たっては、①IoTデバイスと呼ばれる様々なセンサー機器や装置、②IoTデバイスからデータ処理をするクラウドへのデータ送信手段、③クラウドそのもの、これら3つを踏まえた上で仕組み全体を考える必要がある。

 本資料は、IoTプラットフォーム「SORACOM」の特長や提供するサービス、ニーズに合わせた導入方法について紹介。1万5000以上のユーザーに世界140の国と地域で利用されているSORACOMは、IoTの「つなぐ」を簡単にするプラットフォームとして、誰もがIoTを実現できるように必要となるIoTデバイスの選定支援、通信サービス、アプリケーションなどをワンストップで支援している。

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます

ここから先はログインが必要です

日経クロステック EXPO 2020 への入場登録が必要です