新型コロナウイルス対策により、多くの企業がテレワークによる在宅勤務を実施することになったが、リモートワーク環境やITシステムの整備不足から多くの課題が浮き彫りとなってきた。コロナ禍が長期間する中「コロナウイルスと共存しながら事業発展を続ける一方で、従業員をウイルスから守る」という課題に対して、TOKAIコミュニケーションではAWSテレワークパッケージによる解決を提案する。

 AWSテレワークパッケージとは、自宅PCをセキュアに活用できるクラウド型の仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」をはじめとしたテレワークに必要なサービスをパッケージ化して提供するもの。これにより、テレワークで生じる様々な課題について十分な対応が可能となる。

 本資料は、AWSテレワークパッケージのサービス紹介から詳細、実際の導入事例、さらに導入規模(10~20名程度)に合わせた構成例や参考費用を紹介。小規模事業者向けに最適な仕組みとなっている。

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます