グローバル化の進展、異業種企業との競争の激化、顧客ニーズの多様化など経営環境が急速に変化し続ける今、その変化に素早く対応し、ビジネス変革の原動力となるICTシステムが求められている。そうした状況の中、富士通では既存のICTシステムの維持・運営にかかるコストを最適化し、新しい価値の創出や変革(イノベーション)につながる新たなICTを迅速かつ柔軟に実現できる次世代プラットフォームとして、ハイパー・コンバージド・インフラストラクチャー(HCI)PRIMEFLEXを提案。Software Defined Storage(SDS)技術により、ストレージをサーバーに統合することでシンプルな構成を実現している。また、独自ソフトウエア「Infrastructure Manager for PRIMEFLEX」によって導入・運用・拡張における煩雑さを排除。シンプルで手軽な次世代プラットフォームとして、経営環境の変化に合わせた簡単・柔軟なインフラ運用を可能とし、投資の最適化を実現する。

 本資料は、富士通のHCI PRIMEFLEXを実際に導入して高い導入効果をあげているシステム開発企業、大学、自治体の事例を紹介。従来のインフラ運用における課題となっていた問題をどのように解決したのか関係者インタビューを交えながら解説している。

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます