新型コロナウイルス感染拡大を受けて、在宅勤務(テレワーク)を開始する、もしくは実施規模を拡大させるなど、対応する企業が増えている。テレワークの実施に当たっては、すでに利用中のリモートアクセス環境を活用する、または緊急対応的にリモートアクセス環境を準備するなど対応が分かれている。しかし、感染防止を契機にスタートしたテレワークの動きは、今後も多くの企業が「新しい働き方の1つ」として継続導入を進めていくものと思われる。

 本資料では、テレワークとリモートワーク(外出先や出張先での業務)の違いを踏まえつつ、最適な在宅勤務環境の構築方法を「6つの秘伝」として指南したもの。シンクライアントシステムを中心に、クライアント環境の選択、エンドユーザーへの配布、ネットワークの選定などを解説する。在宅勤務環境の安定性、使い勝手、セキュリティの両立に悩むシステム担当者にはぜひ読んでもらいたい。

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます