DX時代の現在、多くの企業がデータ活用に取り組んでいる。そうした一方で企業文化的にDXを推進できない、DXに専門性のある人材が確保できない、DXの成果や効果が期待していたものと異なったといった課題も生じている。ヒトが機械のためにデータをつくる時代から、自然発生したデータをヒトが活用する時代になったいま、データ活用の推進において人間の知識や経験、視点は重要なファクターとなってくる。

 本資料は、NTTデータが提供する多種多様なデータの集約、管理、活用サービス「ABLER」のサービス内容と特長を紹介。日々増加する多種多様なデータに対し、機械が人間と同程度のデータの意味理解、知識の共有が可能になればDXやデータドリブン経営の実現につながる。ABLERはデータの経営資源化を通じて、企業のデータ活用経営を一気通貫でサポートし、コスト削減およびトップライン向上を実現するものである。

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます