新型コロナの流行で新しい生活様式に転換される中、コロナに便乗した標的型攻撃などが増加しており、特に日本の企業を標的とした攻撃者グループによる情報窃取の活動が活発化している。急場のテレワーク移行により脆弱な環境である攻撃対象が増えたことに加え、もともと日本企業は知的財産や営業の秘密を数多く保有していることや、国家支援型の攻撃者が登場していること、近隣諸外国との地政学的な状況の変化などが攻撃増加の理由として挙げられる。

 本資料は、NTTデータ先端技術が提供する、サイバー脅威インテリジェンスを活用したセキュリティサービスを紹介。同社ではセキュリティを脅かす情報の収集、蓄積を行っており、インテリジェンスベンダーとの連携により最新の脅威情報を活用・分析する最先端の“サイバー脅威インテリジェンス”を提供している。本資料では、具体的にはどのような対策が可能なのか、サイバー脅威インテリジェンス活用したTLPT(脅威ベースのペネトレーションエスト)支援サービスやセキュリティマネージドサービス、スレッドハンティングサービスをはじめとしたセキュリティサービスについて紹介している。

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます

ここから先はログインが必要です

日経クロステック EXPO 2020 への入場登録が必要です