今日の企業のシステム環境はハイブリットプラットフォーム化やマルチクラウド化が進んだことで運用管理環境が複雑化しており、システムごとに担当者を配置するケースが生じている。それに伴い、各システムの運用が属人的な対応となってしまい、変更管理や証明書等の期限の更新といった管理が包括的に進められていないという課題が発生している。また、システム担当者が異なるとシステムの脆弱性を見つけた際に他システムの影響確認などに膨大な時間を要することもある。これらは結果として、将来的なインシデントの発生や障害発生時の復旧コストを増やす要因となるおそれがある。

 本資料は、そうした社会課題やニーズに応えるため、NTTデータ先端技術が開発した複数システムの構成情報を一元的に可視化する「ServiceNow構成情報活用サービス」について、サービス概要と提供サービス、そして導入による効果について詳しく紹介している。

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます