本資料は、物流大手の鴻池運輸のセキュリティ戦略について、情報システム改革、ワークスタイル改革も含めた抜本的な見直しを行った点について、関係者のコメントと併せて紹介したものだ。

 情報システム改革でDXを推進し、場所を選ばず働ける環境では、セキュリティは万全を期す必要がある。しかし、社外での業務で利用するネットワークは安全が担保されない可能性も考えられる。そのため鴻池運輸では、社外のネットワークは安全ではないという前提で、ネットワークセキュリティとエンドポイントセキュリティの両面から対策を推進。さらにエンドポイントでは今までの「侵入されない」ことを目指す対策に頼るのではなく、100%の防御はないという前提に立ち、EDR(Endpoint Detection and Response)の導入を検討することとなった。導入内容やその効果については資料にて確認してもらいたい。

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます