コロナ禍でのテレワーク増加により「VPNの接続数が足りない」「従業員の不適切なサイトへのアクセスを防げない」といった悩みを抱えるIT管理者が増えてきた。VPNがない、Webプロキシーがない、でも業務を継続しなければならない……。

 本資料では、VPNをの利用せずにDNSの名前解決の仕組みを用いて顧客の重要な企業データを脅威から守り、かつ、従業員の不適切なサイトへのアクセス制御を可能とする、Infoblox社「BloxOne Threat Defense」を紹介。既存ネットワークの必要変更なく、既存ネットワークが刷新されても影響なく効果を持続でき、末永く利用すること可能となっている。また、Infoblox社が得意とするIP アドレス管理データベースとオートメーション技術を活用し、インシデント発生の情報を正しく即座に把握し、その情報を他のソリューションと共有させることが可能。SEIMへのイベントログ送付やNGFWへの通信ブロック指示などを自動連携させることも可能となっている。

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます