昨今、テレワークの需要が高まっており、業務の障壁を少なくするため、安全にいつでもどこでもコンテンツを共有できる在宅勤務環境の必要性が高くなっている。しかし、ゼロから仕組みを構築する場合、クラウドサービスを利用したとしてもその導入にはある程度の期間が必要だ。そこで注目されているのが、最短2週間でコンテンツ共有可能な在宅勤務環境を構築できる「Box簡易スタートアップ」だ。

 本資料は、富士通が提供するBox簡易スタートアップについて、その概要と導入メリット、導入スケジュールなどを紹介したもの。導入実績をベースにした設定でBoxがすぐ利用でき、社内展開が可能。導入後の機能拡張やセキュリティ向上などのアップデートにも対応する。テレワーク環境の整備を進めたいと考えている企業に最適なサービスとなっている。

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます

ここから先はログインが必要です

日経クロステック EXPO 2020 への入場登録が必要です