IBM Power Systems Virtual Server のユースケースをご紹介した資料です。

 ついに IBM AIXとIBM i のワークロードを日本国内、グローバルのクラウド環境で実行できるようになりました。IBM Power Systems Virtual Serverサービスを使用すると、AIX、IBM i、またはLinuxいずれかのオペレーティング・システムを実行する1台以上の仮想サーバーを、数分以内にオンデマンドで準備できます。従量制の課金方式を取っているため、スケール・アップとスケール・アウトを簡単に行うことができます。またハイブリッド・クラウド化へのスムーズな展開と投資最適化を実現できます。

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます

ここから先はログインが必要です

日経クロステック EXPO 2020 への入場登録が必要です