新型コロナウイルスなどの影響により、多くの企業が急ピッチでテレワークの導入を進めている。アフターコロナに向け実効力のあるテレワーク環境を構築するには、大小さまざまな課題を解決する必要がある。

 しかし、特に注意すべき主要な課題は、事業分野や組織の性質などによって変わってくるという。業種や部門ごとに異なる主要な課題とは何か。それを解決するには、どのような対処法やツールが有効になるのだろうか。ディストリビューターのシネックスジャパンは、2000社を超えるデバイスやソフトウエアのベンダーとつき合い、業種や規模の異なる多数の企業のテレワークを支援してきた。テレワーク導入に関わる最近の動向や事例などを踏まえ、解説をお願いした。

以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます

ここから先はログインが必要です

日経クロステック EXPO 2020 への入場登録が必要です