見所1)FIDO認証によるサーバへの不正ログイン対策
見所2)テレワークに欠かせないセキュリティ対策

 暗号化ソフトウェア専用ベンダのWinMagicはリモートサーバ認証ソフトウェアの提供を近々開始します。Verizon社のデータ漏洩/侵害調査報告書によると情報漏洩の81%はパスワードが脆弱だった、あるいはパスワードが漏洩、盗難されたことが原因であったと報告しています。

 弊社ブースでは企業がSaaSや社内サーバへの盗難パスワードなどによる不正ログインをいかに防御するか?次世代の認証方式FIDOに準拠した認証ソフトウェア“EasyFIDO”(仮名)を紹介し、更にブースにお越しいただきました皆様に無償で提供します。(入手方法はダウンロード資料をご覧ください。)

 またテレワークを実施する際にまず最初に導入すべきセキュリティ対策として国内シェアNo1.(ITR調べ)の暗号化ソフトウェア“SecureDoc”を紹介します。