クラウド・ニューノーマル時代を支えるPulse Secure 仮想ADCソリューション

 働き方や生活環境が新しいスタイルへと大きく変化する中、あらゆる産業でデジタル化が進み、クラウドサービスの活用、仮想基盤へのシステム移行が更に加速しています。

 新しいスタイルは定着し、ニューノーマル(New Normal:新しい日常)時代が到来すると言われる今後においては、ビジネスの状況に応じて柔軟に性能をスケールできるクラウド・仮想基盤が、ビジネスで生き抜く上で益々重要な鍵を握ります。そのクラウド・仮想基盤上でのトラフィック分散機能においても同様に柔軟性が必要になります。

 本ブースでは、企業のシステムやクラウドサービスにおいて、ビジネスの状況に応じて機能・性能を増減するといったアプローチによりコスト最適化といった利点が得られる、新世代のソフトウェア型ロードバランサである、仮想ADC「Pulse Secure Virtual Traffic Manager」をご紹介します。