統合運用プラットフォームの一翼を担う運用自動化ソリューション

 2025年の崖に向けて、DXを推進する上でシステム運用のオペレーション量は増加の一途をたどります。要員増加で対応するにも限界があり、オージス総研では運用全体を自動化することでこの課題を解決しています。展示では、事例とともに、ハイブリッドクラウドを含めより多様化する環境に対応した効果的なオペレーション自動化をご紹介します。